マダニにご注意を!

未分類
08 /03 2017
最近ニュースや新聞でも報じられていますが、
マダニによる人への病気が報告されています。

SFTS(重症熱性血小板減少症)という病気ですが、
本来、人にマダニがついて感染する病気だと言われてきましたが、
この度、すでにSFTSのウィルスを持っている猫に咬まれた人が亡くなったという報告がありました。
私達獣医師にとってもとても驚くべき事でしたが、
今後はもっと詳しく調べてられていく事と思います。

いずれのしても、
屋外に出る時には、服装に注意する事と
当然ですがペットのノミとマダニの予防が大切だと思います。

先日、飼い犬の子に、今まで見た事がない大きなマダニが寄生していました。
血を吸ったあととはいえ、桁違いの大きさです。

これはよく見かけるマダニとは違って、タカサゴキララマダニという種類です。
これらのダニも、いろんな種類の病気を媒介している事が考えられます。

気をつけていきたいものです。





マダニ


マムシに注意を!

未分類
06 /16 2017

昨日の早朝の事です。

猫ちゃんが胴輪をつけてお散歩中にマムシに咬まれたとのお電話がありました。

来ていただくと、もう腕が腫れてきていました。
咬まれたばかりですので、
腫れはまだまだこれからです。

実際にマムシに咬まれて来院する患者さんについては、今のところ涼しいせいか、
昨年より1ヶ月遅いです。
しかし完全にマムシのシーズン到来です。
例年通り、民家の近くでの遭遇が凄く多いです。
今日の猫ちゃんも、家のすぐ裏の墓地だったそうで、駆除できなかったとの事なので、お参りに行かれる方にも注意を促していただきます。
皆さんも気をつけて過ごして下さいね。
(飼い主さんの了解を得て投稿しています。)





運動会弁当

好きな事・趣味の事
05 /29 2017
昨日は小学校の運動会でした。

お天気に恵まれていい運動会でした。
運動会といえばお弁当。

我が家もここ何年か、だいたい同じようなメニューに落ち着いてきています。
お素麺が人気です。(笑)

私が子どもの頃は
親も大変だったと思います。
巻寿司一つとっても、干し椎茸やかんぴょうを煮る事からしないといけなかったですし。

今は食材豊富で調理器具も充実していますが、
それなのに食育と言われるのは何でなのか考えてみました。

昔と違ってなんでも売っているから?
親が忙しいから?

色んな理由があると思います。

私も働いているので、
急な仕事が入ると食事を作る事ができないので、
冷凍庫を利用して作り置きします。

今回の運動会弁当の中でも、
事前に作って冷凍していた物が入っています。

いなり寿司
唐揚げ
そら豆がそうです。

いなり寿司の解凍は電子レンジです。自然解凍だとご飯がパサパサするので、必ず温め直し、冷ましてから詰めます。
インターネットで検索すると、冷凍いなり寿司の解凍方法など、沢山出てきます。

寒天ゼリーは、
前日の夜に作って冷蔵保存しておきました。

写真は家族四人と知人2人の6人分と寒天ゼリーは周りの子ども達におすそ分けしました。

楽しても、家族やお世話になっている方々に食べてもらう
お弁当作りを大切に思っています。

image1.JPG




あまりにも更新できないので。。

生き物・自然
04 /24 2017
ブログがあまりにも更新できないので、携帯から更新できるようにしました。

暖かくなり、生き物や草花も動きが活発になりました。
毎年の狂犬病の集合注射も始まり、
隣町や島にも出掛けています。

ここのところ、ケーン!というキジの声を何度も耳にします。
島でも何回も聞きました。
よくキジが鳴いているように思います。
なんででしょうか?!

そして我が家の裏山においては、
ここしばらくないくらい竹の子がはえています。
二年程前から夫が山を整備して
綺麗にしたためか、
住み着いていた?イノシシを全く見かけなくなりました。

イノシシの口に入る前に、
娘が見つけては掘っています。

階段に生えた、ど根性竹の子を
美味しくいただきました。

image1.JPG

山は整備して遊具を作ったりしています。
時折、木に激突しながら試乗する娘が面白いです。

image3.JPG

 ↑ロープウェイだそうです。
自分の山があり遊具があるって、色んな意味で幸せな事だと思います。

子どもの科学研究・・・2(サイエンスフェアの様子)

生き物・自然
02 /03 2017
サイエンスフェアも無事に終わりました。

私の担当するブースでは、動物病院でメジャーな内部と外部の寄生虫の
展示と説明でした。
子どもさんは、実物を喜びますね。
生きてるマダニの標本やジグモを実体顕微鏡で見れるのが
喜ばれました。

大人の方はマダニやノミからくる人の病気に興味をもたれる方が多く、
私と一緒に参加してくださった、公衆衛生が得意な獣医さんが
ずーっと忙しく対応してくださいました。


こんな真面目?なブースに、多くの方々が集まってくださったのは、
元々生物や科学全般に興味がお持ちの方が集まるサイエンスフェアだった事が
大きいと思います。

娘のジグモのポスターセッションも無事に終わり、
立派な賞状を頂き、一安心しました。

夏休みの科学研究から冬になってから再び親子でジグモを調べなおした事で、
新たな発見もありました。

親グモと一緒にいた子ジグモです。
暖冬のせいか子ジグモは、巣の中でも活動しているんでしょうか?
巣の中には、保存食のように
昆虫の体の一部がありました。

活動休止してひたすら巣の中で眠っているのかと思いましたが、
調べて見ると違っていたようです。

jigumo.jpg


しんとう

広島県三原市本郷町にある新東動物病院のブログです!
動物病院と私達の周りにある事を
つづっていこうと思います。