FC2ブログ

カテゴリペットの病気 1/1

スポンサーサイト

  •  -
  •  -

ケンネルコフ

今日はケンネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)と言われている犬の咳の原因になる病気についてです。ここのところ、新しく子犬をを飼い始めた方の中で、咳が止まらないとおしゃって来院される方が続いてありました。今年は例年よりも多く来院されています。ケンネルコフは、一つの病原体だけでなく、いくつものウイルスや細菌などが複合して病気を起こしてると言われています。主に子犬で冬場に流行りやすいと言われていますが、感染...

  •  -
  •  -

季節の変わり目

また久しぶりの更新となりました。昨年もこの時期に同じことを書いていますが、季節の変わり目は体調不良が起こりやすいのは人もペットも同じようです。特に消化器症状(下痢や嘔吐)を起こす子が多いように思います。また今はネコちゃんのウィルス性鼻気管炎やカリシウィルス感染症と思われるような、人でいうと風邪に似た症状が長引く子も見かけられます。桜も咲き、そして散ったのに、朝晩の温度差が激しく体調を崩しやすいのか...

  •  -
  •  -

本格的な夏が来ました

梅雨が明けて本格的な暑さがやってきました。そして今年も梅雨明け後、マダニが増えてきています。ノミ・マダニの駆除薬として、食べやすいソフトチュアブルタイプのお薬も出ました。また気温上昇に伴って、熱中症にも気をつけたいものです。室内にいても熱中症になる事があるのは、人の場合と同じです。特に動物だけを置いてお出掛けする場合は気をつけなければなりません。エアコンなどを上手に利用して快適な環境を作ってあげた...

  •  -
  •  -

ワンちゃんにお洋服。

最近はほとんど聞かなくなりましたが、「犬に洋服を着せるなんて・・かわいそう」そんな言葉を耳にしたことがあります。確かに暑い季節に、ただのファッションとして着せられているのは、かわいそうです。ところが、犬は高齢になってくると甲状腺の機能が低下している子が増えると言われています。また実際に甲状腺機能機能低下症の犬は、代謝が悪くなり寒さにも弱くなります。特に排尿・排便をお外でしている高齢のワンちゃんは、...

  •  -
  •  -

今日退院した子。

今日退院していった子は、 10才のウェルッシュコーギーです。 4才から当院に来てくださっているのですが、 この6年間で大きな病気をするのは 3度目です。 1度目は、急に意識が無くなり、その後しばらく昏睡状態が 続き、後に少し状態が良くなっても、 呼びかけにも反応せず、ぐるぐる徘徊しているような状態でした。 MRI検査が受けられる病院で検査していただき、脳炎であろうという 診断結果が出て、治療をしているうちに元...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。