FC2ブログ

誤飲・誤食

最近、若いペットさんが多くなったせいか、

異物や食べ物の誤飲、誤食が増えています。

ワンちゃんの場合は、食べ物やおもちゃが多いのですが、
ネコちゃんになると、食べ物よりも紐状の物や糸と共に針を
飲み込む子もいます。

ワンちゃんは人間よりも下で生活しているので、
飼い主さんが落とした物を拾い食いするのが速いです。

飲もうと思って落としてしまった飼い主さんのお薬や
おやつなどに入っている乾燥剤
また机の上に上って、食べ物を盗んで食べてしまう
事故は凄く多いです。

今月に入って何本もお電話をいただいています。
様子みても良さそうな物から、吐かしたりの処置が必要な子まで、
様々です。

起こってしまった事故なので、飼い主さんを怒ってしまってはいけませんが、
やはり子どもと同じ。
ペットの誤飲、誤食の事故はある程度防げます。

人が食事をする時や目を離す時は、
クレート(ケージ)に入れてあげて下さい。

特にお年寄りや小さい子どもさんが、食卓ではなく
座卓で食事をされるご家庭では、注意が必要です。


また身軽な子ですと、食卓の椅子からテーブルに飛び乗って
食卓のテーブルの上の物を
全部きれいに食べてしまったと言うことが
よく起こります。

毒物やタマネギやチョコレートなど、食べてはいけない食品を誤食した
と言う困った状況に加え、
食品の袋や竹串、爪楊枝を一緒に飲み込むと
大変厄介なことになります。

飲み込んだ物によって処置の方法も
異なります。

また異物に関しては胃の中にあればまだいいのですが、
胃を超して腸に流れてしまい閉塞を起こすと
開腹手術で取り出すしか無い場合がほとんどですので
注意が必要です。

ペット用のおもちゃが必ずしも安全ではありません。

また大型犬に小さいおもちゃは
丸飲みや噛みちぎって飲み込む場合もありますので、
気をつけてあげてください。

先日の誤食の子は、シリコンの様な柔らかいおもちゃの中に
ガムを入れて与えたそうですが、
食べてしまったそうです。
26キロほどの、ラブラドール・レトリバーの元気な女の子です。

吐かす処置をして吐いてくれました。

丸飲みしてもおかしくない大きさですが、
吐かせてみるとかみ砕いて飲み込んではいましたが、
危ないところでした。



上が同じおもちゃで、

下が胃から出てきた同じおもちゃの破片です。
丸い部分の1つ家は落ちていたそうです。

シリコン製の柔らかいおもちゃの中にガムが
入っていたら、大きめのワンちゃんだと、一緒に飲み込んでも
おかしくないですね。

犬用として販売しているおもちゃも、犬の大きさや個性などに
合った物を選ぶことが大切なのと、
基本は見ているときに遊ばせてあげて
後は片づけておくようにしてください。

子どもさんの場合と同じで、遊んだ後はお片付けという感じですね!


image0_convert_20201120150528.jpeg

*幸い元気にされています。
飼い主さんに了承を得て、書かせていただきました。